2020年05月03日

sieijyuutaku 市営住宅家賃、上下水道料金の支払い猶予について

八王子市のコロナ対策支援・相談一覧を簡便にまとめた元を、前回アップしました。

漏れていた項目についての追加です。

・収入が減って、市営住宅家賃の支払いが困難…・猶予、または減免の措置があります。
    八王子市まちなみ整備部住宅政策課  042-620-7385(平日8時30分〜17時15分

・東京都公社賃貸住宅,都営住宅等の家賃支払い特別措置・・・@使用料見直し、A減額 B支払期限の延長
    JKK東京お客様センター 0570-03-0071(9時〜18時 平日のみ)

・上下水道の支払い猶予について…最長4か月支払い猶予
    東京都水道局多摩お客様センター0570-091-101
                   042-548-5110   (8時30分〜20時 日祝除く)

一人で悩まないで、相談しよう。なんとかなる。なんとかしよう。この国は、基本的人権が保障されている国。誰もが生きられるようにする。
posted by jinchann at 23:12| 日記

2020年憲法記念日 2020年度の憲法記念日

憲法記念日の集会が、無観客、識者のメッセージをオンラインで流すというものになりました。
また、恒例の憲法記念日新聞紙面アピールです。今年の文字は、”いきる”。もう、何年続いているだろうか。
このコロナの緊急事態で、もっと国に強権を、憲法を改正しなければならない、という声も上がり始めているが、まさに火事場どろぼうのようなもの。今の体制でやれることをやらないでいるのは、そのためか、などと、うがった見方もしてしまいそう。

この緊急事態の中で、基本的人権、誰もが生きる権利を奪われないようにすることこそが、国の役割といえよう。

しかし、コロナその後で、こわいのは、中間層の壊滅であり、それによって、民主主義と自由の希求がその名われかねない危険があるからだ。
中間層が相対的に貧困層へと近づく中で、そのエネルギーを集められる理念と世界観が求められている。

八王子市でも、支援相談体制の一覧がホームページにアップされたが、なかなか的を得ていないように感じる。

私家版一覧表を作ったので、張り付けます。

何かのお役にたてばいいんですが・・・

新型コロナウイルス感染症に伴う主な支援策まとめA4版八王子版.pptx
posted by jinchann at 20:48| 日記